屋外用木部塗装色の検討

屋外用の木部塗装は、紫外線や水湿による木材の劣化を防ぐ役割を担います。
また、木質ならではの表情と質感を残す浸透性のステイン塗料はこれらの塗料の定番です。
”咲いてく”ではこれらの塗料として、環境に悪影響を与えないものを選んで使用しています。
もう20年前にはオイル性のステイン塗料が定番でしたが、環境に悪影響を与えるため殆どが水性や植物油性に置き換わっています。
全てが置き換わったとは言いません。オイル性ステインを使用していた人たちの中には環境を意識した製品は性能が低いという感覚を持った人たちは存在します。この人たちの話を聞くと皆、新しい概念の塗料を使用したことがないようです。
私も、環境型塗料がなかった頃にはステイン系塗料というとオイル性のものを使用していました。
ある物件でosmoという塗料の存在を知り、使ってみることにしました。第一印象はオイル性の塗料とは異なり、刺激臭が非常に少ないこと。粘性が強く塗りにくい。乾燥が非常に遅い。隠蔽性(木目を隠す度合い)は高い。ということでした。
その時期から遠からず、今度は水性のガードラック・アクアという塗料を使用しました。
これはステイン塗料とペンキの中間に感じました。ペンキは木目を塗りつ潰す隠蔽性が非常に高いのが普通です。このガードラック・アクアの隠蔽性はペンキほど強くはなく木目を少し残す仕様であると感じました。

それで、これらの塗料と以前に塗装したオイル性のステイン塗料とを経年後に較べてみました。
ステイン系塗料はオイルが乾くと木部の荒れが出てくるのに対し、植物油性や水性ステイン塗料はそれが現れません。
オイル性のステイン塗料は、木質保護をオイルの濡れにより行っているのです。ですから、オイル気が数年後になくなると木肌が荒れてしまうのです。防腐剤は入っている様ですが、防腐性能もこれに応じて小さくなっています。

これらのことを見ていくとオイル性のステイン塗料の性能は環境型塗料に優っているとは言い難いということが分かってきました。

現在使用してるのは、植物油性のosmo、植物油性のリボス自然塗料、そして水性のガードラックです。

この度、水性塗料のガードラックを標準色に加え、また、植物油性塗料の色数を増やしたいと検討を進めています。
色の面から見れば、ナチュラルカラーを増やしたいと考えています。
本来の木質の色合いを強く出せればと。
表面を透明のステインを塗布したままで着色はなしというものも揃えたい。
木材の表面塗料の役割には、紫外線緩和、木部表面の変色防止が含まれているのですが、あえて『風化』が出せないだろうかと。

検討している色見本を撮影しました。



晴天に撮影しましたが、ちょっと明るすぎます。
取り直しが必要です。

北海道GARDENに志向変化の兆候

ガーデニング・デベロップメント ”咲いてく”ではもう大分以前からGardenの考察をしています。
プロダクトとしてのWEBページばかりを発信していますが、本来はガーデン・デベロップメント(ガーデン開発者)との気概を持っています。

観光ガーデンや商業ガーデンを見て回ったり、植物の生長について研究したり。
観光ガーデンの造成業務に参加したり、商業ガーデンの管理に参加したり、行政ガーデンのオペレーション業務を体験したこともありました。
そこで必要と感じたもののスキリングを行い、ビジネスマネジメント、ホスピタリティー、造園、土木それぞれの施工管理技士、重機の操縦、安全管理などの資格も取りました。

なぜその様なことをしているかというと、自分の手でGARDENをつくりたいという気持ちが強かったからです。
その根本はやはり植物やGARDENが好きだからなのでしょうね。
そして、その中でお金を得るために行なっているのがGARDENに関するプロダクト・デザインと販売なのです。

さて、GARDENについていうと、好きだからという理由だけでGARDENをつくることは、ビジター・サービスとしては受け入れて貰えません。
有料の観光GARDENや、企業による商業GARDENは、それぞれに目的があり、経済活動に絡んでいるから、その目的に触れなければお金は稼ぐことはできないからです。
つまり、ガーデナーが他人の資金でGARDENを作るためには、企業の目的を理解した上でビジターが満足するサービスを提供しなければならいのです。
自由な動機づけだけで作るわけにはいかないのです。
しかし、日本においてのガーデナーは自己実現の手段だと考えている人が多く、ユーザー体験を考えている人はとても少ないのが残念です。

あっ、もちろんここで記していることは商業に関わるガーデンのことです。

この度の記事は、北海道GARDENの志向が変わってきたということを書きたかったのです。
北海道には有名なガーデンが10ヶ所前後あります。小規模なものや規模の小さなものはもう少し数は多いですが。
これらの有名なGARDENは、位置付けとして観光ガーデンです。入館料により成り立っています。
本来、入館料を徴収してGARDENを成り立たせるにはかなり厳しい状況にありました。
大人気のガーデンが一つか二つあるくらいで、それ以外は難しい運営状況だと聞いています。

北海道におけるGARDENで、早い段階で開発されたものの中にえこりん村の銀河庭園があります。
ここは運営元によると【テーマパーク】とされています。
えこりん村は、名前のとおり【エコロジー】を売りにしているのですね。
エコロジーというと現在はSDGsに代表される活動があります。
SDGsはMDGsを経て2015年に国連で採択されましたが、えこりん村の開園は2005年です。
ハンバーガーレストランとしての運営企業が、SDGsよりも以前にエコロジーを掲げて作ったテーマパークなのです。
えこりん村の園内にはフードロスを減らす再生プラントなども独自の設計により設置されています。

その中の銀河庭園は有料になっているのですが、来季2025年の営業から閉園し、【エコロジー】を広げるためのGARDENとして再出発するというアナウンスがありました。

このことは、日本におけるGARDENの全体的な位置付けが変わる予感がしています。
企業の社会的責任が問われる風潮がある時代に、GARDENが企業のイメージを表す役割を担うということが重要視されることになりそうだということです。

空間を仕切る大型プランター

空間を仕切る移動可能な大型プランター

SITECのコンテナ・プランターの中には空間を仕切ることができる大型プランターがあります。

室内空間にて空間を仕切るのはパーテーションやカウンターがありますが、屋外空間においても機能的なアイテムをご用意しました。

★室内空間においては、
パーテーションの役割は、視線と動線を遮る効果と視線を遮る効果があります。
カウンターの役割は、動線を仕切る効果があります。

★屋外空間では、
動線を仕切る機能があるものは、塀、柵、生垣などがあります。
塀はコンクリート、ブロック、煉瓦で積まれたものが一般的です。
柵は、木柵、金網柵、垣根、生きた植物を素材にするものでは生垣があります。
SITEC GARDENでは、これに加え、製品としてレイズド・ベッド・プランターをご用意致しました。

屋外空間のプランターの機能は動線を仕切る機能が基本になります。
それに加えて、植栽のやり方によっては視線を遮る機能を付加することができます。

プランターを仕切りとして使用するメリットは、
第1に、空間に緑を加えることができます。
第2に、移動が出来、幾つものパターンを作ることができます。

空間を仕切る大型プランターには特有の機能があります。
フォークリフトを使用して移動可能なものはSITEC製GIGA規格のタイプです。

※多くの一般的な大型プランターは桁受けの構造ではないために、フォークリフトにより移動することはできません
下部が開口していなかったり、部分的に荷重をかけると自重と用土の重量で大きく歪み破損してしまう
からです。

SITEC製の大型プランターは桁受け構造であり、桁に荷重を乗せても破損しない強度をつけているため壊れない設計です。

以下の製品が空間を仕切る大型プランターです。
空間を仕切る移動可能な大型プランター

構造は、桁受け構造です。
空間を仕切る大型プランターの桁受け構造

製品は植栽の高さ鉢底深さによって選ぶことができます。

低床/一般タイプは、

移動可能な空間を仕切る大型プランター

高床/深底タイプは、

移動可能な空間を仕切る超大型プランター

それぞれの規格には、横幅のバリエーションがあります。
W1600w1400w1200w1000
利用目的により選択することができます。

製品の詳細はこちらです。

SITEC GARDEN